Menu
Close 

      2018/01/28

「はははのは」の使い方|歯が白くならない場合の効果的な使い方

 

この記事を書いている人 - WRITER -

女性から特に人気の「はははのは」というホワイトニング歯磨き粉の効果的な使い方についてお話していきたいと思います。

笑顔になった時に歯が汚かったり黄ばんだんりしていると印象は良くありません。

さらに歯の黄ばみは実年齢よりも老けて見られてしまう原因となってしまい、男女ともに悩みの種になりやすいです。

「はははのは」は歯を白くするためにこだわった成分で作られている歯みがき剤です。

「はははのは」の使い方

「はははのは」は市販されている歯磨き粉のように真っ白ではなく、無色透明のジェルタイプの歯みがき剤です。

かたすぎずゆるすぎないジェルがしっかりと汚れに吸着します。

歯ブラシ表面全体に「はははのは」を乗せ使用します。

この際に歯ブラシを濡らしてしまうとジェルが薄まってしまい効果が半減してしまうので、歯ブラシは乾燥させた状態から使用してください。

「はははのは」の効果的な使い方

「はははのは」は日々使い続けることにより、歯が白くなる効果を期待できます。

また、「はははのは」の成分にはココナッツオイルやハッカ油も含まれており、殺菌作用や抗菌作用によってホワイトニングだけではなく口臭予防にもなるオールインワンジェル歯みがき剤です。


毎日の歯みがき剤を「はははのは」に変えるだけで効果が得られる歯みがき剤ですが、正しく使うことによってより効果を体感しやすくなります。

1ヶ月以上使用を続けていて効果を感じていない方は、一度下記のポイントを見直してみてください。

1回につき2度使用

「はははのは」を初めて使用される方は、使い始めの10日間は1回の歯みがきにつき2度使用してみてください。

1回目は歯の表面についた汚れ(ステイン)を落とすイメージで、二回目は歯ブラシの先に米粒大に「はははのは」を付け歯の隙間の汚れを落とすことを意識して磨いてみてください。

食後30分たってから

歯みがきは食後すぐに行うのではなく、最低でも30分以上間隔をあけてから行いましょう。

食後すぐの歯はエナメル質がやわらかくなっており、歯の表面が傷つきやすい状態になっています。

食後の口の中は酸性が強く、歯が弱る原因になっています。

水を飲んだり口をゆすいだりし、口の中をできるだけ中性に戻すよう心がけ、30分後に歯を磨くようにしましょう。

1ヶ月に1回は歯ブラシを取り替える

歯ブラシの交換目安はおおよそ1ヶ月に1本と言われています。

歯ブラシを後ろから見て毛先が開いてみえてると交換のサインです。

歯ブラシを何ヶ月も使い続けていると歯ブラシ自体に雑菌が繁殖し、口臭の原因となってしまいます。

また、十分に汚れを落とすことができず虫歯や歯周病の原因・歯みがき剤が細かい部分まで行き届かずホワイトニング効果も得られません。

定期的に歯ブラシは交換しましょう。

強く磨きすぎない

1ヶ月以内に歯ブラシの毛先が開いてしまう方は、歯みがきの力が強すぎて歯に負担がかかりすぎている証拠です。

歯の黄ばみの原因となるため力を入れすぎず軽く当てながら細かく磨いていくのがポイントになります。

歯みがき後に口をゆすぎすぎない

歯みがき後に口をたっぷりの水でゆすいでしまうと、歯みがき剤に含まれている有効成分が洗い流されすぎてしまいまい効果が半減してしまいます。

「はははのは」はジェルタイプの歯みがき剤で口の中にざらつきが残らないのが特徴です。

歯みがき後は少量の水で口をゆすぎましょう。

最低でも1ヶ月続ける

歯の磨き方・歯ブラシの交換頻度など上記のような様々なポイントを意識した上で、最低でも1ヶ月「はははのは」を使用してみてください。

歯みがき剤で行うホワイトニングは、歯医者で行うよりも即効性に欠けます。

日々蓄積された歯の汚れ・黄ばみをまずは浮き上がらせ剥がし取り、洗い流してから歯の表面をコーティングしていきます。

そのためすぐに効果を体感できるとは思わずに、蓄積された分時間をかけ歯を綺麗にしていくイメージで使用してみてください。

「はははのは」の正しい使い方・効果的な使い方のまとめ

歯の黄ばみや汚れは日々の蓄積によって表れています。

「はははのは」は天然のホワイトニング成分で歯に負担をかけすぎずに白い歯へと導いてくれます。


使い方を誤ると使い続けていても効果が半減してしまうので正しい使い方ををマスターして効果を体感してみてください。

◇「はははのは」を使った100日間、毎日写真を撮りました◇

当ブログでは、ホワイトニング歯磨き粉「はははのは」を使い、毎日写真を撮りチェックしました。

ドンドンと歯が白くなっていく様子が伝わると思いますので是非ご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -